新座エリア(1)

niiza_area01_01-min.jpg

いきなりですが…
この写真がおすすめポイントなんです。
それは、こちらの住宅の基礎部分、60センチ上げてあります。

niiza_area01_02-min.jpg

こちらは黒目川にほど近い物件であるため、わざと基礎を高くして作ってあります。ただ、黒目川は普段の水量はごく少なく穏やかな流れなので、新座市のハザードマップで確認してみても、浸水の危険はないとされています。それでも万が一に備えてのこと。

niiza_area01_03-min.jpg

そして、間取りも…。
玄関を入ると大きなエントランスクロークがあり、そこでコートを脱いだり、旅行から帰ってきた時もそのまま荷物整理ができたりします。
特におすすめなのが花粉対策、ここから先に花粉を持ち込まないようにできますね。

niiza_area01_03-min.jpg

さらに、エントランスクロークからそのまま洗面所、浴室へとつながっています。
花粉だけでなく、「外の汚れを家の中に持ち込まない」まさに感染症対策にも最適なんです。
手洗い・うがいを十分にしてからお部屋へ…
必要ならシャワーを浴びてからということもできるんです。

niiza_area01_04-min.jpg

そして、2階部分で注目なのが、小屋裏収納です。
扇風機やキャンプ用品、雛人形など季節ごとに入れ替えの必要な荷物。一般的な住宅では収納がないため、1部屋が荷物でつぶれてしまうなんていうことも。
2.6帖の収納があれば、他に倉庫を借りたりすることも必要なくなりますね。

niiza_area01_05-min.jpg

周辺は住宅地で、黒目川沿いには公園もあります。
最寄りの「東福寺前」バス停までは3分ですが、そこから東武東上線朝霞台駅へは、西武バスで約18分かかります。
バス道路は朝夕混雑していて、駅まで30分弱みておく必要があります。
電車通勤・通学予定の場合は、残念ながら、そこを十分考慮しなければなりません。

niiza_area01_06-min.jpg

オール電化や電動シャッター、玄関ドア電子錠など他にも魅力がたくさん。
グランディハウスのこだわりがつまった物件です。